食物繊維はバランスよく

和食 食物繊維はバランスよく

便秘対策に真っ先に挙げられるのが、腸内環境を整える食物繊維。
しかし、食物繊維は正しく摂取しないと逆に便秘の原因になることもあるのです。

食物繊維は、便の量を増やしたり、乳酸菌のエサとなりますが、摂りすぎると腸の中で詰まってしまう原因になります。

「便秘にいいから摂るようにしているんだけど効果がなくて・・・」
と、心当たりのある方もいらっしゃるかもしれません。

食物繊維には

水溶性食物繊維  りんご にんじん こんにゃく 海藻類
善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える

不溶性食物繊維  きのこ類 さつまいも ごぼう 豆類
便のかさを増したり、軟らかくする
蠕動(ぜんどう)運動を活発にする

という2種類が存在し、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維1対2の割合で摂るのが理想とされています。
不溶性食物繊維を多く摂り過ぎると、下痢やガスが溜まるといったことが起こります。
この2つをバランス良く摂りましょう。

また、日本人に必要な1日の食物繊維摂取量は、20~25グラムです。
しかし、現代の食事形態からは、なかなか摂取できない量です。

今では、食物繊維のサプリメントや健康食品がたくさん販売されているので、不足分を補うために利用してもいいでしょう。

関連記事

return top