食物繊維と高血圧

血圧 食物繊維と高血圧

食物繊維は、高血圧予防にも高い効果を発揮してくれます。

高血圧の原因は、ナトリウムだと言われています。
食物繊維は、そんなナトリウムの排泄を行ったり、血圧を安定させる効果があるのです。
特に、水溶性の食物繊維は更に高い効果を発揮してくれます。

食物繊維には不溶性と水溶性の食物繊維があり
不溶性食物繊維は水に溶けずにそのままの状態で腸内まで行く事が出来るので、便秘改善に高い効果をもたらします。

逆に水溶性食物繊維は、水を吸収し、沢山の不要な成分をたっぷりと吸収しつつ便として出ていくのです。
その結果、高血圧の原因となる有害物質を外に送り出し、高血圧予防に効果をもたらすのです。

他にも、食物繊維を摂取する事により血圧を下げる物質の増加を行ったり、腎臓がナトリウムを吸収する力を抑制させる効果が有ります。

高血圧予防に特に良いと言われている食品は、海藻類や柿、リンゴ、こんにゃくや山芋に多く含まれています。

海藻類の中でも特に、ノリ、わかめ、ひじきや昆布等を摂取すると効率よく水溶性食物繊維を摂る事が出来ます。
豆類の中では、大豆や小豆をはじめ、インゲン豆、えんどう豆、ピーナッツ等いろいろな種類の豆類から摂れます。

昔はたくさんの食物繊維を摂取していた日本人ですが、ここ数十年の間で食物繊維の摂取量が激減したと言われています。

健康の為にも出来るだけ意識して水溶性食物繊維を摂ってみませんか。
食物繊維を摂るだけでも、高血圧改善にも効果をもたらします。

関連記事

return top