食物繊維と糖尿病

d16d42cbbb52d8a749fe846250b6b6c5 s 233x350 食物繊維と糖尿病

第六の栄養素とも言われている食物繊維ですが、実は糖尿病対策に効果があるそうです。

糖尿病の原因は、血液中の糖の濃度の上昇により起こる病気です。
その為、血糖値の上昇を防がなければ糖尿病になってしまう可能性が有ります。

食物繊維は、腸内に取り込まれると中の食べ物を包み込みそのまま便として排出します。
便の量も増えますし、糖分やコレステロール等の消化しにくい成分も吸収してくれるので、腸内環境が改善されていくのです。

また、消化吸収されない食物繊維のお蔭で他の食品の消化吸収スピードもゆっくりになり、急激な血糖値の上昇を防ぐ事になります。
糖尿病の一番の原因は、食後の急激な血糖値上昇です。
これを防いでくれる食物繊維は、糖尿病予防に高い効果を発揮してくれるのです。

糖尿病の原因は過食や肥満だとも言われていますよね。
食物繊維の摂取はダイエットにも効果的であり、過食防止になります。

食物繊維が多く含まれている食品は、低カロリーかつたくさん噛まなければ飲みこめない物が多いのです。
その為、意識的に摂取をする事で自動的にダイエット効果も実感する事が出来るのです。

食物繊維が多い食品と言えば、玄米が有名ですよね。
他にも、ごぼうやかぼちゃ、パセリ、切り干し大根等の野菜に沢山含まれています。
さつまいも等の穀物類や、柿、桃、リンゴ等の果物にも夫含まれているのです。

噛みごたえのある物や沢山噛まなければ中々飲みこむ事が出来ない食品が多いですよね。

関連記事

return top