食物繊維とコレステロール

Fotolia 33750900 XS 食物繊維とコレステロール

成人病、肥満、高脂血症の原因と言われているのがコレステロールです。
コレステロール値を下げる為に有効な成分が、食物繊維です。

中性脂肪やコレステロールはもともと消化され難い成分です。
その為、過度に摂取をすると腸内で持て余してしまい、なかなか消化しきれず体内に吸収されてしまうのでしょう。
しかし、食物繊維を摂取する事で体外に排出する事が出来ます。

食物繊維は、体内でスポンジの様な粘り気のある成分になるのです。
消化や分解をされずにそのまま腸内へたどり着く事が出来る食物繊維は、コレステロールの吸収を妨げる事が出来ます。
食物繊維を吸収する事で、コレステロール値や血糖値の調整に役立つのです。
より、コレステロール値を下げる効果があるのは水溶性食物繊維です。

食物繊維には水溶性と不溶性の物があり、水溶性は水に溶けやすく、不溶性は水に溶けにくいと言う性質が有ります。
不溶性の方が腸内にたどり着きやすいと言われていますが、水溶性食物繊維はコレステロールを始め様々な有害物質を吸収し、
便として一緒に排出してくれ易いのです。

水溶性食物繊維は、海藻類を始め豆類や緑黄色野菜に多く含まれています。
コレステロール値が気になる人は、これらの食品を意識的に摂取をして見ては如何でしょうか。

体に良い影響を与えるには、一日に20から25グラムの食物繊維が必要だと言われています。
これに比べると、現代人の食物繊維摂取量は大幅に少ないのです。 健康の為にも、食物繊維を意識して摂る様にしましょう。

関連記事

return top