水溶性食物繊維の特徴

cyou 水溶性食物繊維の特徴
水溶性食物繊維の特徴は、やはり水に溶けるという点にあります。

水分に水溶性食物繊維が解けると、ねばねばとした粘性のある成分となります。
このねばねばした成分が、炭水化物や脂質などを包み込み、体に吸収されるのを防いだり遅らせたりします。
さらに、ねばねばしているので、体の中での動きも遅くなり、ゆっくりと食べたものが消化されるようになります。

炭水化物や糖分などを大量に摂取すると、一気に体内の血糖値が上がり、糖尿病などの原因となってしまいます。
水溶性食物繊維を一緒に摂取することで、吸収が遅くなるので、血糖値の急激な上昇を防ぐことができます。

それと、水溶性食物繊維は、コレステロールから作られる胆汁酸と呼ばれる物質を吸着する性質があります。
胆汁酸が体に多くあると、脂質異常症になりやすくなるなど、色々な弊害が出てきます。
水溶性食物繊維は、胆汁酸を吸着し、そのまま体外に出ていくので、体から余分なものを排出してくれる役割もしていると言えます。

また、水溶性食物繊維は、腸内環境を整えることも特徴となっています。
水溶性食物繊維は、腸内に存在している善玉菌の餌なので、善玉菌を腸内で増やしてくれます。
善玉菌が増えると、腸内環境もよくなり、腸炎や大腸がんなどのリスクも減らすことができます。
腸内環境が正常化するので、便秘も起こりにくくなり、便秘予防にも最適です。

ただし、水溶性食物繊維は、カルシウムやミネラルを体外に排出してしまうというデメリットも持っています。
摂りすぎてしまった時には、カルシウムやミネラルを積極的に補給するなどの対策が必要となっています。

関連記事

return top