便秘にいいだけではなかった!食物繊維のすごい働きとは?

Fotolia 43798907 XS 便秘にいいだけではなかった!食物繊維のすごい働きとは?

食物繊維が便秘にいいという事はよく知られていますよね。
腸の健康に重要な役割を果たしています。
でも、食物繊維は便秘や腸の健康にいいだけではないのをご存知でしたか?

食物繊維には、

「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」があり、それぞれに働きがあります。
これらを2対1の割合で摂ることが理想と言われています。

レタスやキャベツなどの野菜は「不溶性食物繊維」でセルロースなどが多く含まれ水に溶けない食物繊維です。
腸の内容物(便)のかさを増し、便を軟らかくする作用があります。

反対に水に溶ける「水溶性食物繊維」は、
善玉菌を増やし、腸内環境を整える働きがあります。
昆布やわかめなどの海藻類・レンコン、リンゴを熱した時に含まれる「ペクチン」
こんにゃくや山芋に含まれる「グルコマンナン」があり、
これらにはなんと、血糖値があがりにくくなったり、血中コレステロールを下げる効果もあるのです。
さらに、太りにくい体質を作ります。

このように、食物繊維は、成人病予防にも効果的なんです。

ただ、片方だけ偏って摂っても効果は得にくいので、両方をバランスよく摂ることです。

バランスよく摂ることで、大腸をきれいに掃除し、腸内細菌を増やして健康を維持します。
その結果、便通がよくなり、便秘が解消されるのです。

関連記事

return top