不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランス

和食 不溶性食物繊維と水溶性食物繊維のバランス
食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がある事をご存じでしょうか。
同じ食物繊維ですが体内での役割も違います。
その為、もし食物繊維で健康的な効果を実感したいのであれば二つの食物繊維をバランスよく摂取する必要があるのです。

不溶性食物繊維は、サツマイモ等に多く含まれている食物繊維です。
体内に取り込むと水を沢山吸収して便の量を増やしてくれます。
柔らかく排出しやすい便になるので便秘解消には欠かせない成分なのです。

また、腸管を刺激する役割もあるので蠕動運動を起こして腸内環境を整えてくれるでしょう。

しかし、不溶性食物繊維をたくさん摂り過ぎると腸に効果が出過ぎてしまう事もあります。
急に沢山摂取をしてしまったり、腸の働きが低下している状態の人は一度に沢山摂り過ぎない様に注意をして下さい。
過敏性腸症候群の人は出来るだけ控えた方が良いかも知れませんね。

水溶性食物繊維は、マンナン等に多く含まれている食物繊維です。
水の溶けやすい食物繊維で、体内に取り込むと、水分を沢山吸収して柔らかく排泄しやすい便を沢山作ってくれます。

そして、体内にあるコレステロールを吸収して体外に排出する役割もあるのです。

どちらの食物繊維も体にとても良い成分ですが、過剰摂取をすると腹痛を招いてしまう事や逆に体に悪影響な事もあります。
どちらの食物繊維もバランスよく摂取をする事が大切なのです。

体の為には、不溶性食物繊維は水溶性食物繊維の倍程の量を摂取した方が良いそうです。
不溶性食物繊維2対水溶性食物繊維1の割合で摂取を心掛けてみませんか。

 

関連記事

return top