ペクチンとは?

ペクチン ペクチンとは?

ペクチンは、水溶食物繊維の一種であり摂取する事により、体内で善玉菌を増やす活動を行ってくれます。
他にも、水分量を調節し排便しやすい状態にしてくれたり、軟便や便秘の改善にも効果的でしょう。

特に下痢の時にはとても役立つ成分です。
ぜん動運動を助長させる効果のある食物繊維ですが、下痢の時にたくさんの蠕動運動をしていると腹痛を起こしてしまう可能性があります。
ペクチンを摂取する事により、ぜん動運動を抑えてくれて、水分量もちょうどよく調節してくれるのです。
便秘の時にも、下痢の時にも良い成分なのでは無いでしょうか。

もちろん、日ごろからペクチンを摂取する事により便秘の予防にも繋がります。
便の通りを改善してくれるので、痔が辛い人や痔を改善、予防したい方にも良い成分です。
有害物質を排泄する役割から、大腸がんの予防や食べ過ぎの予防効果も実感する事が出来るそうです。

ペクチンが多く含まれてる食品は、硬く、しっかりと噛まなければいけない食品が多いです。
その為ペクチンの摂取は顎の強化や虫歯予防にも最適だと言われています。
もちろん、食べ過ぎの予防にも繋がるでしょう。

ペクチンは、熟していない果物にたくさん含まれている食物繊維です。
有名なのが、りんごの特に皮部分でしょう。
皮のままリンゴを食べる事により、沢山のペクチンを摂取する事が出来ます。

他にも果物や野菜に多く含まれているので、腹痛や排便で悩んでいる時は摂取をして見ては如何でしょうか。

関連記事

return top