ひじきの食物繊維量と食べ方

Fotolia 41696731 XS ひじきの食物繊維量と食べ方

ひじきも豊富に栄養素が含まれている食材なのですが、特に食物繊維量は、海藻系の食材の中でも特に多いです。
100グラム中43.3グラムが水溶性食物繊維として含まれています。

水溶性食物繊維というのはどんなものなのかというと、水に溶けやすく、保湿性に優れている成分となっています。
そのため、体の中に吸収されやすく、血糖値の抑制効果や、血液中のコレステロールの抑制効果、脂肪吸収率の低下など、
肥満や高血圧の予防効果を期待できます。

また、便通を良くする効果もありますから、便秘に悩む人も毎日食事に取り入れることを強くお勧めします。
特に妊娠中・産後間もない女性の方というのは、便秘になりやすいです。
この時期というのは、ヘタに便秘薬などを飲むこともできません。

ひじきであれば天然の食材ですから、問題なく口にできますし、体に害を与えることもありません。
母体に影響を与えることなく、便秘の悩みを改善させることができますので、積極的に食べてみてください。

ひじきは低カロリーでダイエット食としても適しているのですが、一回の食事でたくさんの量を食べることは難しいですよね。
最もポピュラーな食べ方としては、煮つけにして食べるというものですが、結構味付けが濃いめになってしまうと、
塩分などが多く含まれてしまうため、特に便秘の人や高血圧の人は、薄味にして食べるようにしたほうが良いでしょう。
煮つけの他にも、ひじきご飯にして食べるようにすれば、一度の食事で多くのひじきを食べることができるのでお勧めです。

関連記事

return top