さつまいもの食物繊維量と食べ方

さつまいも 461x350 さつまいもの食物繊維量と食べ方

さつまいもって甘いですから、とてもカロリーが高いと思っている人は結構多いのではないでしょうか?
ですが、さつまいも半分以上が水分で構成されており、焼いたり蒸したりすることで、そのほとんどの水分が失われます。
それにさつまいも100グラム当たり、130キロカロリーくらいしかないですから、実はとても低カロリーなんです。

さつまいもは、100グラムにつき、食物繊維が2.3グラム含まれているのですが、思ったより少なく感じるかもしれません。
だから、さつまいもを食べても、便秘を改善させることができないと考えた人もいるかもしれないですが、
ですがさつまいもは、イモ類の中でも食物繊維の含有量がトップクラスですし、さらにヤラピンという腸の動きを整える効果のある成分が豊富に含まれているため、便秘改善効果を期待できます。

さつまいもを食べると、おならが出やすいといわれていますが、これも腸の活動を活発にしているからなのです。
さつまいもは、これ以外にもビタミンB・ビタミンCも多く含まれており、肌につやと張りを与えることができます。
便秘解消をして、ニキビや肌荒れを改善し、さらにビタミンで美肌効果を与えることができるので、一石二鳥なのです。

さつまいもの栄養素をそのまま摂取し、なおかつ美味しい食べ方は、やはり焼いて食べることです。
焼くことによって、でんぷんが変化をして糖分に変化をし、甘みを出すのです。
また、少し揚げておさつして食べることもできますし、サラダにして食事に取り入れるようにするのもお勧めです。

関連記事

return top