きくらげの食物繊維量と食べ方

きくらげ 365x350 きくらげの食物繊維量と食べ方

食物繊維が多く含まれている食材はたくさんあるのですが、その中でトップクラスになっているのは、実はきくらげです。

この食物繊維というのは、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二つの種類があるのですが、白きくらげには水溶性食物繊維と不溶性食物背にのどちらも豊富に含まれています。

水溶性食物繊維は100グラム中19.0グラム、不溶性食物繊維はなんと49.0グラムも含まれているのです。
食物繊維を豊富に含んでいるので、便秘にもいいのですが、不溶性食物繊維の場合は、お腹の中で水分で量が増えます。
ですから、いつもよりも少ない食事量でもお腹がいっぱいになるので、ダイエットで食事制限をしている人にもお勧めできます。

食物繊維以外にも、ビタミンDやビタミンB1、カルシウム、鉄分なども豊富に含まれているため、便秘の解消効果のみではなく、新陳代謝の向上や、骨の耐久度を上げられます。
ですから、健康的な体を作りやすい食材になっているのです。

ちなみにきくらげでも、黒きくらげと白きくらげでは、栄養素のバランスが違います。
まず白きくらげは、活性酸素の抑制効果のある抗酸化力が高く、黒きくらげは、ビタミンEや鉄分を多く含んでいます。
ですから、どちらもバランスよく食事に取り入れるのが望ましいといえるでしょう。

きくらげを和え物にしたり、漬物として食べるのもいいですし、面倒なのであれば、寒天に多くのきくらげが含まれていますから、寒天を食事に取り入れるようにすれば、摂取しやすくなるかと思います。

関連記事

return top