あずきの食物繊維量と食べ方

あずき 452x350 あずきの食物繊維量と食べ方

あずきは、豆類の中で2番目に食物繊維が含まれています。
1位はインゲン豆で、100グラム中39グラムが食物繊維になっているのですが、あずきは100グラム中36グラムが食物繊維になっています。

また、あずきに含まれている食物繊維は、水に溶けにくく吸収されにくい、不溶性食物繊維となっています。
ですから、お腹の中で量が増えていき、満腹感を感じやすくなりますから、肥満などでダイエットをしている人に適しているダイエット食材でもあります。
それに甘みもありますから、ダイエットのためおやつを我慢している人にもお勧めです。

また、量が増えることによって、腸に溜まってしまっている便の排出効果が高まり、便通も良好になります。

あずきの表面というのは、サポニンという成分が含まれており、コレステロールや中性脂肪の数値を低下させる作用もありますから、高血糖や高血圧、メタボ対策にもお勧めです。

さらに、ビタミンB1が玄米と同じくらい含まれており、筋肉痛や疲労感、夏バテ、貧血などの予防をすることも可能で、仕事が終わってからや、暑い時期に積極的に食べるといいでしょう。

そんなあずきの食べ方ですが、お汁粉やぜんざい、煮物にして食べるというのがポピュラーなのですが、おかゆにして、他の野菜も入れるようにして食べると、他の栄養素も摂取できるようになりますし、吸収されやすくなりますからお勧めです。

食べるのに飽きてしまったのであれば、600㏄の水に30グラムのあずきを入れて豆茶にして飲むのもいいと思います。
少し甘みがあって美味しいですから、食事中だけではなく、日常的に飲むといいでしょう。

関連記事

return top